少しでも長くパソコンを長持ちさせるために

一家に一台パソコンがある時代になり、性能も飛躍的に向上したことで、数年前のパソコンを使い続けても不便は感じません。
一昔前は、パソコンの性能が低かったため、高スペックのパソコンを求めて買い換える方がたくさんいました。
しかし、現在は充分なスペックのパソコンを適正価格で手に入れることができるようになり、そのパソコンをなるべく長く使いたいと思う方が増えています。

では、大切なパソコンを長持ちさせるには、どんな事に気をつけるべきなのでしょうか。
まずは、記憶装置の寿命を知りましょう。
HDDやSSDといった記憶装置は、最も寿命を迎えるのが早いパーツです。
大抵のHDDやSSDは、S.M.A.R.T.という自己診断機能が内蔵されており、故障の前兆を知ることができます。
健康状態を定期的にチェックし、調子が悪い場合は、丸ごとバックアップしておくことを推奨します。

定期的に清掃をしましょう。
デスクトップ型であれば、簡単に掃除することができますので、掃除機で埃を取り除きましょう。
特に、冷却ファンに埃が溜まると熱暴走を起こし、パソコンの運用に影響します。

感電対策をしましょう。
雷が鳴っていてもパソコンを起動させている方が多いですが、落雷があればパソコンは即ショートしてしまいます。
雷がなっている間は、電源を切る習慣をつけましょう。

大切なパソコンを1日でも長持ちさせるために、この3つのことを実践してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です